トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

TOP企業インタビュー>Vol03:有限会社かほり堂 店主 山口 俊介


Q貴社の事業内容について簡単にお聞かせいただけますか?

Aベンチャー企業の経営支援を中心に行っていますが、最近は病院などの介護施設で働く人達のモチベーションを向上させるための研修の講師の仕事や、大学などで将来の起業家を目指す学生向けの研修プログラムの講師として指導することも多いですね。特に介護施設では、今後の高齢化社会に向けて介護される人が増えるとともに、当然介護する人も増えるので、組織力を高めるために個人の意識改革にとても積極的です。

Q(株)リクルート時代では月刊アントレの西日本編集長などを歴任されておられましたが、それらの職を捨てて起業しようと決意されたきっかけは何ですか?

Aリクルートでは元々早期退職が当たり前なので、役職にこだわって独立を躊躇することはなかったです。それにずっと新規事業開発業務に携わってきましたので、ゼロから事業戦略を練ることも日常的でしたから、独立に対して不安はなかったですね。そしてこれが一番大きかったことですが、今働いている社員は私と一緒にリクルートを退職 して「給料も要らないから一緒に働かせてください」と言って着いてきてくれた社員なので、彼らのおかげで不安より、これからも頑張れるなという期待感のほうが高かったです。

Q現在に至るまでに(ビジネスを通して)山口社長が一番苦労したこと、印象に残っている仕事をお聞かせいただけますか?

A一番苦労した仕事は、売上の半分を占めていた会社が倒産したり、コンサル業務では時々意見が合わない企業の経営者と仕事をしないといけなかったり、毎年何かしらのハプニングが起こっていますので苦労した仕事が多すぎて絞れませんね(笑)

Q現在は企業の社長としての立場ですが、ご自身のお仕事で心掛けていること、また社員の方々に対して意識的に行っていることはありますか?

A自分の意思決定の基準を社員と共有することですね。同時にたくさんの案件を抱えていますから、自分の代わりに社員が判断できる仕組みがないと仕事が進みません。 社員それぞれが担当する案件において、その社員がトップとして判断できるほうが社員も主体的に動けるようになりますから、そういった意味でも自分の価値観を社員と共有するようにしていますね。もちろん最終決定は私がしていますから、仕事のミスは私が責任を持ちます。ただ、成果が出れば社員の成果として評価しますから、給料も僕より多いときがあったりするんですよ(笑)

Qさきほど山口社長は「功は人に譲れ」とお話されていましたが、そのように相手を立てる考え方、行動はいつごろから身に付いていたとご自身ではお考えになりますか?

A学生時代もリクルート時代もそうでしたが、周りの先輩や友人に恵まれていたと思います。知らず知らずのうちに代表みたいな立場にならせてもらったり、やっぱり今考えると周りの人がすごく自分を持ち上げてくれました。そういう環境が当たり前ではないけれど多くありましたし、またその中で自分自身成長できましたから、 逆に今は後輩や若い人を陰で支えてあげたいと意識しています。いわゆるヒーロー的存在を育ててみたいという気持ちですね。

Qコンサル業界の今後の動向、そして貴社は今後どのような事業展開を考えておられますか?

A業界としてはほとんど全ての業界に絡む仕事なので、一番影響するのは法改正ですね。今までしてきたことが全て意味を成さない事態になる可能性もあります。 会社の事業展開は先ほど事業内容でもお話ししましたが、今後は介護施設や教育現場での指導業務が中心になるかもしれません。介護施設などの場合は、介護という仕事をする人の重要度が非常に高い仕事です。ただ、その仕事はあくまでもボランティアではなく、介護サービスとして考えておかないと経営は成り立たちません。ましてその介護施設がつぶれてしまったら、働く人もそうですが介護される人も行き場がなくなることになります。そう考えると、そこで働く人のモチベーションやサービス力向上に携わることができるのは、すごく意義深い仕事だと思っています。教育現場でも将来を担う学生をサポートするのは同じことだと思いますから、今後はそういう社会貢献や将来の人材育成に関わる教育指導などの仕事が中心になっていくかもしれませんね。

Q貴社が採用面接時に重要視している点、または持っていて欲しい資質(資格など)はありますか?

A基本的な資質としては2つあります。まずは、「何でもいいので将来何かしたいことを持っているか」です。例えば、採用面接の時に、「君は生涯我が社で骨を埋める気がありますか?」という質問の答えに「あります」では絶対採用しません。「いいえ、この会社を踏み台にしてのし上ります」という人なら採用します。これく らいの向上心を持っていて欲しいのと、もう1つは「一緒に仕事がしたいかどうか」ですね。基本的マナーを身に付けていないとやっぱりビジネス社会では生き残れないので、これも大事な資質ですね。

資格については、これはある種の専門性を持った資格があればいいと思います。例えば、行政書士や税理士などはその例ですね。そういう資格を持っていれば外注せずに自社内で行えますから、もし持っていれば欲しい人材ですね。だから税理士やFP資格は持っていればいいと思いますよ。ただ、業種によって同じ資格でも使える資格と使えない資格があるので、「こんな資格を持ってるから俺はすごい!」なんていう自信を持たないことですね。

Q大学生へのメッセージとして、山口社長が考える、大学生(低回生)に向けて大学時代にしておくべき経験等はありますか。

Aもっと人に興味を持って、人と関わる機会を多くしてほしいと思います。人は1人で生きていくことはできないし、誰かとの関係を持って生きていくことになりますから、他人との異なる意見に触れて葛藤しておくことで、ビジネス社会に出たときにこの経験が必ず活かせます。あと、資本主義経済では何をするにもお金が絡んできますから、学生時代からお金を稼ぐことに関わる仕事をしてほしいですね。ただ、ここで押さえてほしいのは、「自分が儲かることよりも他人を儲けさせること」を基準に行動してほしいということです。起業家も含めてビジネスの相手が利益を享受することで、自分に還元されるという仕組みは普遍のものなので、相手がいかにして儲けられるかを考えながらお金に関わってください。

インタビュー担当者の感想

今回、山口社長には大変お忙しい中、インタビューにご協力頂きありがとうございました。私は山口社長に以前からビジネスをする上での考え方や発想力 の養い方などをご指導頂いていましたが、社長としてビジネスにおいて明確な判断基準を持っておられ、さらには社員さんへの信頼感、感謝の気持ちを率直にお 話されるのをお聞したことで、改めて私自身のビジネスに対する姿勢を見つめ直す非常に良い機会を与えていただきました。

福島有二

↑トップへ

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.